2017年4月18日からYDNの広告掲載ガイドラインが変更となります。

アフィリエイトの分野では、アフィリエイトサイトの広告表現という部分が影響があります。

アフィリエイトサイトの広告表現が明文化されます。


現基準
2. アフィリエイトサイトの広告表現

(1) 成功報酬型広告契約またはアフィリエイト・プログラムに基づく場合、提携先サイトと誤認されないようにしてください。誤認される可能性のある広告表現の場合、必ずアフィリエイトサイトである旨を明記してください。バナー広告を用いる場合は「アフィリエイト広告」の文言を明記してください。

(2) 訴求する商品名やサービス名がわかるものにしてください。

新基準
2. アフィリエイトサイトの広告表現

成功報酬型広告契約またはアフィリエイト・プログラムに基づく広告については、以下を満たす必要があります。

(1) 提携先サイトと誤認される可能性のある広告表現の場合、表示が省略されない箇所にアフィリエイトサイトである旨を明記してください。
テキスト広告の場合は「提携」等の文言を明記してください。それ以外の広告の場合は「アフィリエイト広告」の文言を明記してください。

(2) 訴求する商品名やサービス名を表示が省略されない箇所に明記してください。


「提携」という表現をきちんと入れるなどが規約の中で、明記されたのですが、今回の変更事態は昔からいわれていることであって、別にこれが追加されたことで、一斉に審査に落ちるということはありません。

Yahoo!も今回の変更で、審査に対する影響はないと明記をしています。

広告掲載基準変更 解説資料 https://s.yimg.jp/images/listing/pdfs/guideline201704_kaisetsushu.pdf

審査に影響がないことを、なぜ明確化する必要があるのか?

特に審査の確認項目が変わるわけではないので、私たちには、すぐに影響が出ないかもしれませんが、今まで明文化していなかったことを、このタイミングで規約に明文化したことを考える必要があります。

改めて、媒体側がルールを明確化する理由として、

  • 今までのルール表記では対応をすることができない事が増えた
  • 社会的背景があり、見過ごせないことが増えた

というものが考えられます。

最近、アフィリエイトに関するニュース記事が増えています。また、国の法律でも、アフィリエイトメディアを規制対象にする動きが出ています。

そのような背景があり、広告媒体側として、自社の広告媒体の価値を守るためにも、ルールを明文化することで、ルールを守っていない広告主に対して、明確にNOを突きつける環境の整備をしていることが考えられます。

見方を変えれば、それだけアフィリエイトという市場が、社会に対して影響力を持っていることの証明にもなりますし、ビジネスの市場が伸びていることの裏付けにもなります。

先ほどは、Yahoo!側は審査に影響はないとしているといいましたが、現実は、上記のガイドラインにあわせて、規約変更前でも審査が厳しくなっている動きがでています。

4月18日以降も審査が落ちる可能性も高いので、ご自身が出されている広告に対して、要注意をするようにしてください。

YDNの新広告掲載基準が変わったときにどう対処するべきか?

YDNアフィリエイトをはじめとした、広告を使ったビジネスは、広告媒体側のルールにそって広告を運用していかないといけません。

これは絶対のルールであり、広告媒体を利用する限り、従わざるを得ません。

私達からすれば納得できないようなことや、広告予算をたくさんつかって、媒体側の売上アップに貢献しているといいはったとしても、広告媒体側がルールを作る側なので、こればかりは仕方がありません。

だからこそ、私たち利用者側はルール変更に惑わされずに対処する方法を身に着けなければいけません。

例えば、今回のような変更があった場合は、やるべきことは2つあります。

  1. 既存の広告を急に止めることはしない
  2. 新ルールにあった広告文をはやめに入稿する

1に関しては、規約が変わるからすぐに止めるということをすると、新ルールにあわせた広告文が通っていない段階で止めてしまえば、直近の売上が取れなくなる可能性があります。

かといって、既存の広告は止まってしまう可能性があるので、早期に新ルールにあった広告を入稿して、掲載が止まらないように行動をしましょう。

新規広告が通ったあとは、既存広告と両方並行で回しても構いませんし、既存広告のほうがパフォーマンスが高い場合、既存広告が止まるまで回し続けるという考えもあります。

大事なのは、変わり続けるルールに対処できる準備をすることと、出来る限りパフォーマンスを落とさない環境を整えることです。

ビジネスをやっている以上、綺麗事だけでは売上はとれませんが、綺麗事を受け入れる必要はあります。私達、広告利用者は清濁併せ呑むようにして、広告を利用していかざるをえません。

それがルールが変わっても生き続ける対処法です。